1. Top
  2. News
  3. 〇 外部寄生虫予防薬…

News

お知らせ

mvimg

〇 外部寄生虫予防薬まとめ買い支援キャンペーン告知✨〇

2024.02.12

ニュース

春はもうすぐ、今年も外部寄生虫予防の季節がやってきます✨

今年も昨年同様、地域の外部寄生虫予防率を向上させ、動物さん、飼い主様を寄生虫病被害から守りたい!その一心で、今年も当院オリジナルのホスピタリティーをお届けいたします💪

その内容は…

4月分のノミ・マダニ駆虫薬1ヶ月分

12月分のオールインワンタイプ駆虫薬1ヶ月分

を無償支援いたします!!

キャンペーン開始は3/5(火)から

在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。

※処方時は必ず動物さんと一緒に来院いただき受診してください。フィラリア症への感染が無いことを確認した上での処方になります。犬さんは血液検査💉、猫さんは心音の聴診にて行います🩺

※お薬の予約はできません

※午前の受付、診察時間は12時までとなっておりますが、キャンペーン期間中の混雑具合を鑑み、3/5(火)以降は、11時40分時点で診察待ち人数が昼時間帯の手術に影響を及ぼす件数となった場合は受付を一時ストップ、午後からの案内とさせていただきます。大変申し訳ありませんが午前に受付できなかった方は、午後も通常通りお並びいただくことになります(=午後に優先して受付することは行なっておりません)。

※東側メイン駐車場(7台) / 病院南側駐車場(3-4台) /ツルハドラッグ南駐車場(6台)以外への駐車、路上駐車は固くお断りしております。また、病院西側駐車場は災害救護車、スタッフ、業者車両専用駐車場となっておりますので、こちらへの駐車も固くお断りしております。

(当院の定める臨時診察日:過去のニュースをご参照ください)

当院が推奨する予防期間、そして、その理由については下記のとおりです。

3月にはノミ・マダニが動き始めるため4月1日にはノミ・マダニ駆虫薬が必要になります。

4月には蚊も動き始めるため5月1日にはオールインワンタイプ駆虫薬を開始し、11月中旬まで蚊、ノミ・マダニが活動するため12月1日に最後の駆虫が必要になります。

また、近年では重症熱性血小板減少症候群(SFTS)等、マダニに咬まれることにより人が感染するマダニ媒介感染症(TBD)にも注意が必要です。当疾病は飼い主様も動物に寄生するマダニから病気をもらってしまうことがあるため、この観点からもしっかり外部寄生虫予防を実施することが肝要です。

5-11月の予防期間を掲げる動物病院さんが未だ多い現状かと思いますが、上述したとおり、当院推奨のこの予防スタイルがこの地域の本来あるべき姿です。

そこで✨

みなさまが負担を増やすことなく、これまでと同じ7か月分の費用で2か月間長く予防を実施していただけるよう当院が今年もひと肌脱ぎましょう!!…そんなサービスとなっています!!

昨年もこのサービスについて飼い主様からよく質問を受けました。

『病院が身を削ってまでなぜこのような試みを決行するのか?』

その問いに対する私の回答は至ってシンプルです。

当院の理念、

『すべては動物さん、飼い主様の笑顔のために!』

正直なところ、病院的には大きな挑戦であることに違いありません。

しかし、動物さん、飼い主様を思えばこそ、可能なものについてはできる限り安価に提供したい!この一心です!!

今年度も動物さん思い、飼い主様思いの当院オリジナルのホスピタリティ溢れるサービスを提供してまいります!!

また、これまでフィラリア駆虫薬のみで予防していらした飼い主様、フィラリア駆虫薬とノミ・マダニ駆虫薬のお薬を組み合わせて予防していらした方々、このキャンペーンを利用していただければ、オールインワンタイプ予防薬をかなりお得に購入していただけるかと思います。これを機に、愛犬愛猫に本当に必要な駆虫薬と予防期間を検討していだければと思います。

もちろん、オールインワンタイプ以外の各種予防薬の取り扱いも継続しておりますので、どのような予防スタイルであっても遠慮なく相談いただければと思います。

ちなみに、各種予防薬の具体的な金額をHP上に明記することは法律で禁じられているため載せられません。各種予防薬の価格につきましてはご来院いただいた際にお問い合わせください。

愛犬愛猫思いの正しい予防期間を、病院が処方する正規の予防薬で、愛犬愛猫そして飼い主様自身を外部寄生虫被害から守りましょう!!

※期間中は大変な混雑が予想されますので、時間にゆとりを持ってお越しください。

院長 高野儀之